アンコール・ワットってこんなトコ!

2013年10月9日 loveCambodia カンボジアとは?


“行ってよかった海外観光スポット”で見事第1位に輝く場所、

それが、アンコールワットです。

観光客いっぱいのアンコールワット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、私も本当に行ってよかったと思いますし、

また行きたいなとさえ思います。

 

 “アンコールワット”と、一つを指して言いますが、

実はその周辺にはものすごい数の遺跡が存在し、

アンコールワットに行った方のほとんどは、

アンコールトム、タップロームなどにも訪れていることと思います。

 

そういった意味でも、見るべきところが沢山あるので、

複数回行く価値のある観光名所です♪

 

建築そのものはもちろん、

そこに込められた宗教的な意味や、その遺跡がたどった歴史なども、

聞く価値のある事柄ばかりでした。

 

 そして、実に多くの観光客が

世界各国から訪れていることは、よく分かります。

 

写真撮影の人気スポットには、

早朝にも関わらず、大量の人!人!人!

 

アジア人がかなり多い様にも思いますが、

世界中から人が集まっていて、色んな言語が飛び交っていました。

 

そんな大人気の世界遺産を要するカンボジアには、

今年の1~4月だけで150万人もの外国人旅行者が訪れ、

前年の358万人を軽く超えるだろうと見込まれています。

観光相が、旅行者数の予測を10%以上も上方修正するくらいですよ。

 

 DSCN1868

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光は、国が成長するために必要不可欠な産業です。

現に、世界から貧しいと見られているカンボジアは、

この観光業が成長することによって、雇用を拡大していて、

貧困率の低下には大きく貢献しているわけです。

 

そんな今でさえも、

交通網や宿泊施設などが不十分であるということは、

これから関連するインフラを整備するために、更なる雇用も生まれ、

整備が進めばすすむほど、観光客の誘致ももっともっと積極的になっていくことでしょう!

 

 カンボジア、これから間違いなく加熱していくと思いませんか?

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/