500リエル札にご注目!

2018年7月27日 loveCambodia カンボジアとは?


カンボジアでは、米ドルが主に使われていますが、
脱ドル化にむけて、
少しずつリエルが使われるように工夫されている部分もあります。


 

以前ブログにも書いたとおり、
電子マネーとして使うということも増えているようですが、
もちろん、現金のリエルを使うことも当然あります。

 

 

 

今現在、だいたい4000リエルほどで1ドルになるので、
私たち外国人がリエルを使うのは、

1ドルに満たない買い物をするときや、
お釣りとして渡される程度。

 

 

まぁ、金額も金額なので
枚数がかさんじゃって、お財布で幅を利かせてしまうため
ちょっと厄介にも感じてしまうお札です。

 

 

 

 

ですが、ちょっとご覧ください。

 

 

 

 

これがリエル札です。
(全種類ではなく、私のお財布にあったもののみです。)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番手前の500リエル札、

日本の国旗が描かれているーーーーーー!!!!

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一国の紙幣に、別の国の国旗だなんて!
他ではまぁ見られないことだと思います。

 

 

なぜ、日本の国旗が描かれているのかというと、
このお札にあるイラストが、
日本のODAによる無償協力でかけられた橋だから!

 

 

この橋は、2001年に完成した『きずな橋』
2015年に完成した『つばさ橋』

 

 

きずな橋ができたことで、
農産物がよく採れる東北地方から、首都プノンペンへの交通が劇的に改善し
流通に劇的な変化をもたらしたそう。

 

そしてつばさ橋は、
ベトナムとタイを繋ぐ大動脈を隔てていた川にかけられたため、
ASEAN経済共同体でも大きな役割を担うことが期待されています。

 

カンボジアを流れるメコン川は
重要な存在ではあるものの、人の足を食い止めてしまうため、
この2つの橋は、人々の生活に大きく貢献したことは間違いないでしょう。

 

 

 

ちなみに他のお札には、
国王や王宮、アンコールワットといった
国民なら誰もが知る重要なものが載っています。

 

そんな中、日本と一緒にかけた橋と、
そして日本の国旗が載っているとは・・・

カンボジア、いいやつ!!!!

 

何だか胸が熱くなりますね^^

 

 

 

皆さんも、カンボジアに行かれた際には
500リエル札をゲットして確認してみてはいかがでしょうか。

Comments are currently closed.


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/