進んでる~!カンボジアのバスにはアレが飛んでる!

2018年7月20日 loveCambodia カンボジアとは?


東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて
東京や周辺の地域は、建設ラッシュになっていますよね。

 

新国立競技場が4割ほど出来上がったとか、
選手村が公開されたりといった話題が上がり、

2年先が、かなり近い将来という実感がわきますね。

 

 

 

2年後のために、メイン会場をすでに4割ほどを完成させるあたりは
日本らしい感じもあって良い気がしますが、

日本での『おもてなし』は、
まだまだ不安要素がいくつもあると言われています。

 

 

そのうちの一つが、無料Wi-Fiの整備

 

 

日本人である私たちは
そこまで気にする必要がないので気付きにくいですが、

街のいたるところで、もっともっと無料のWi-Fiを整備しないと
来日する選手やスタッフ、観光客が不便で仕方ありません。

 

 

わずか2~3年の間でも
日本の無料Wi-Fiは随分と普及してきましたし、
状況は改善されつつありますが、

ここで引き合いに出したいのが、
何を隠そう、カンボジアです。

 

 

 

カンボジアは、スマホがあるAlways三丁目の夕日
みたいに言われるところがあるほど
スマホの普及率は高いです。

 

 

家に固定電話という文化はすっ飛ばして、
個人がスマホや携帯電話を持つ文化が確立しています。

 

 

家に電話はないし、月収も数百ドルとかで高くないけど、
でも消費意欲は高いし、facebookで自慢したい。

 

それが、カンボジア人のリアルな現状なんですよね。

 

そうなると、Wi-Fiが欠かせない存在になっていて、
空港やホテルはもちろんのこと、
飲食店やショッピングモールにもちゃんとあります。

 

 

人口でいえば、日本の10分の1ほどですし、
東京とプノンペンの首都同士で比べても随分と違いがあるなかで、
これほどまでにWi-Fiが敷かれているのは有難いことです。

 

カンボジアの主力産業の一つは観光ですから
観光客が快適に過ごすためにも役立ちますし、

国民のニーズも満たせますから
満足度が高まる一因にもなります。

 

 

また、最近発表されたニュースでは
しないの公共バスにもWi-Fiルーターが取り付けられ、
無料で利用できるようになるんだとか!

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真はコチラのサイトからお借りしました。

 

 

 

今はまだ試験段階にあって、すべてのバスに導入された訳ではない様ですが、
スマホ社会のプノンペンでは時間の問題でしょう。

 

 

 

バスにWi-Fiを搭載することで期待されるのは、

 

『便利だな〜』と思ってバス利用客が増える



移動中にスマホをいじれる便利さが波及する



車やタクシーでの移動が減少



深刻だった渋滞の緩和に寄与

 

ということだそう。

 

劇的な変化があるかどうかは分かりませんが、
交通量が減れば、交通事故も減るでしょうし、
安全面から見ても良い流れに思えますね。

 

 

 

ちなみに、プノンペンを走るバスは
その多くが日本から寄付されたものなんですよ^^

2016年から毎年数十台が送られていて、
日本らしい支援のしかただなぁと思うところです。

 

 

カンボジアにも、もっともっと公共交通機関が一般化して、
便利で安全な暮らしが広まっていくことを願うばかりです。

Comments are currently closed.

One response to “進んでる~!カンボジアのバスにはアレが飛んでる!”


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/