暑い国でもWinter!?カンボジアのクリスマス事情とは

2018年12月21日 loveCambodia カンボジアとは?



もうすぐクリスマス!




もはや宗教の壁を飛び越えて

世界中の人たちが認識し、

何かしら意識しているであろうクリスマスが

数日後に迫ってきています。




余談ですが、
このところ、日本人の未婚のカップルが
クリスマスデートをする割合は2割以下だそうですよ。

(東洋経済さんの記事に、そうありました。)







では、カンボジアはどうかという本題に入ります。







カンボジアは、ご存知の通り日本よりも断然熱心な仏教徒が多い国です。




学校教育は十分ではなくても
仏教の教えは広く深く根付いているほどです。







そして、こちらもご存知のとおり、カンボジアは年中暑い国です。




ですから、

雪が降り積もった街なんて絶対無理だし、

冷えた手を温める光景なんてないし、

ぬくぬくした出で立ちのサンタさんもマッチしません。




なので、
カンボジアはクリスマスムードに包まれるのか
少々疑問に思う節もあるのではないでしょうか。




さて、では実際のプノンペンの街は
どんな感じか見てみましょう~♪







じゃん!








『Winter Land』って書いてあるーーーー!!!!

真夏の国で冬園てーーーー!笑










こちら、今年オープンしたばかりの
EXCHANGE SQUAREという複合施設の装飾です。




香港の大手不動産会社によって建てられたので、

香港の気合の入ったクリスマスムードを全面に出したのでしょうか。




香港は多国籍ですがクリスマスには相当力を入れていますから

カンボジアと同じく雪は降りませんが、

そういう問題ではないという事でしょうね。




ちなみに、この施設に入居しているお店も

ツリーを飾っていたりもします。








プノンペンの新名所ともいえるEXCHANGE SQUAREは、

26階建てとあって、カナディアタワーやバタナックタワーに次ぐ高層ビル。




日本にもよくある、下のフロアではショッピングができ、

上の階(5階よりうえ)はオフィス階という作りになっています。




スタバやハードロックカフェなど世界展開している飲食店があり、

サムソナイトやリーバイスといった高品質の商品もゲットできるとあって、

現地としては、ちょっと高級意識の高い感じになっているそうです。










さて続いてご覧いただきたいのが




中国人で連日超満員のカジノ施設、ナガワールドです。








やっぱりクリスマスーーー!!!




しっかりクリスマスやってますね。




まぁなんとも派手な出で立ち!

中国人をターゲットにしているだけありますね。




昼間の時間も

とても華やかに輝いているのが分かります。








ナガワールドを運営するのも

これまた香港の会社になります。




それにしてもカンボジアの開発は、

本当に中国系が多いですね。




クリスマスの話をするにも中国について触れることになるとは

あまり想像していませんでした。










そのことが、良いとも悪いとも言うべきではないので、
今回の記事は、




クリスマスというものは

宗教や国や人種の壁を越える、世界的な消費拡大大作戦であり

その大作戦はカンボジアにも波及しているということで

締めくくりたいと思います。

Comments are currently closed.


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/