ますます便利に!カンボジアの公共バス

2018年8月10日 loveCambodia カンボジアとは?


カンボジアは日本よりも圧倒的に物価が安いですから、
現地でタクシー(トゥクトゥクも含め)を使うことに抵抗はありません。

 

 

結構遠くまで連れて行ってもらっても、3ドルとか

 

『それなら乗っちゃおっか!』
的なノリで乗れてしまいます。

 

 

 

また、かつてはドライバーに場所を伝えて、
価格交渉をするというのがネックではありましたが、

(時に遠回りされたり、ぼったくられたりすることも・・・)

最近は配車アプリがかなり充実していて、
ドライバーとの身振り手振りの交渉も不要なケースも多いですから
手頃な移動手段としてますます普及しそうです。

 

 

しかしながら、現地の人となると
物価が違うわけですからお給料も違います。

 

同じ3ドルと言っても
私たちと彼らとでは、正直に言って感覚が違います。

 

ですから、カンボジアの人がタクシーに乗るはずもなく、
自分たちでバイクに乗って(家族も乗せて!)
移動するわけですね。

 

 

結局のところ、それが市街地の渋滞や
多発する事故の原因にもなってしまうわけです。

 

 

 

 

 

私たちがカンボジアに行きだした当初(2012年頃)、
公共交通機関なんていうものは、ほぼ皆無。

 

 

駅という名前をつけられた建物はあっても
機能しているとはどうも思えないものだったり、

私立学校のものと思われるバスはあっても、
一定のルートで正規に走っている様なバスは無く、

大量に人が乗ったトラック?みたいなものが走っていて、
『急ブレーキなんて踏んだ日には・・・』
と案じてしまうような感じでした。

 

 

 

こんな感じです。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真は、2013年3月に弊社スタッフが撮影したものです。

 

怖いでしょ!!怖すぎるでしょ(;OдO)!!

 

 

 

ですがそんな中、日本の支援を受けて
2014年からプノンペンで公共バスが1路線だけ走りだしたんです!

 

日本、やるぅ!!!

それからというもの、
ちょこちょこと見かけるんですよね、
大型の、いわゆる公共バスらしいバスが!

 

4年が経ったいま、路線は8つにまで増え、
あちこちに行ける様にまで成長を遂げているんだそうです。

 

 

 

また、タクシーと同じように
バスの運行に関するアプリも整備されていて、

今いる場所に近いバス停を検索できたり、
走行ルートもちゃんと見られるんだそう!

 

もしかしたら、
日本のバスよりも便利なのでは!?とさえ思います。

 

(私は普段あまりバスを使わないので
 知らないだけでしたらすみません!)

 

 

 

そして、運賃はというと・・・・

どこまで行っても1回1,500リエル!

 

約4,000リエルで1ドルですから、
40円ほどで乗れちゃうわけですね!

数回乗り換えることになっても
この金額ならへっちゃらです!

 

 

 

恐らくですが、
場所や路線によっては、渋滞に巻き込まれたり、
定刻に発車しないとか、そういったことはあるでしょうが、
時間に余裕がある時なんかは、利用してみるのも良いかもしれません。

 

それに、以前ブログでご紹介しましたが、
カンボジアのバスにはWi-Fiが飛んでいます!

運転はプロに任せて、
涼しい(寒いくらいだそう)車内で動画を見ながら移動。

いいじゃないですか〜♪

 

 

現地の人たちが公共交通機関を使うことは
生活コストが下がるのはもちろん、

渋滞緩和、事故の防止に繋がるため
国の発展にも寄与する部分もあるでしょう。

 

 

なんたってカンボジアは
125cc以下のバイクは免許が不要!

小学生くらいの幼い子どもが走っていることもあって、
日本では信じられない交通事情が現実なんですから。

 

この驚きの『免許不要』の件は
また別の機会に考えるとして・・・

 

 

カンボジアへ旅行などをされる方はもちろん、
長期で滞在する方やバックパッカーの方には特におすすめです!

 

ちなみに、
まだ走りだしてから間もないこともあって
バスは比較的キレイですよ^^

 

私も次回の滞在の際は
バスで移動してみたいと思います!

Comments are currently closed.


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/