【なぜ?シリーズ】第三弾は、“なぜ土地?”

2018年12月7日 loveCambodia ランドバンキングとは?


少々期間が空いてしまいました、
『なぜ?』シリーズ。

 

これまで、
『なぜ不動産?』という記事と
『なぜカンボジア?』という記事をアップしました。

 

まだお読みでない方は上記リンクからぜひ!

 

 

 

 

さて、今日は久々となりましたが、
私たちティーツープロデュースが
なぜ土地が対象のを取り扱ったのかというお話です。

 

 

答えは単純!

『無くならないから』です。

 

 

建物も無くなりづらいですが、
建物は上へうえへと伸ばしていけば
戸数は増やせますからね。

 

土地は、地球上に限られた分量しかありません

 

しかも、海面上昇につき減少しつつあります。

 

・・・おそらく、そんな事が聞きたいわけではないですよね。
すみません(ノд-。)

 

 

 

海外で土地を取得するって、
ご想像のとおり、一筋縄ではいきません。

 

か・な・り!大変です。

 

 

FGIランドバンキングの組成当時、
FGI関連会社の役員は、
『これほどサインするのは自分たちか
 超一流有名人くらいだ!』と思うほど
とんでもない数の書類にサインをしてきたそうです。

 

 

嫌気が差すなんてものじゃないほど
気が遠くなるほどのサインを続けたのは、
やはり、

『ING Cityの土地を抑えるには、それだけの労力をかける価値がある』

と思ったからに違いありません。

 

 

 

例えば日本で
終戦後の青山の土地を購入できる機会が
もし今めぐってきたら
間違いなく買いますよね?

 

 

 

(カンボジアは戦後30年ほどが経過していますが、
 1990年代と1940年代とでは

 復興のためのあらゆるインフラが格段に違うため
 終戦後という表現にしています。)

 

 

 

それと同等ともいえる可能性を秘めた場所で
投資を行うチャンスが巡ってきているということが

どれだけ価値あることか!!!

 

 

FGIランドバンキングをご利用中の皆さまであれば特に、
この意味や価値がお分かりかと思います。

 

 

 

 

という訳で、
私たちが土地にこだわったのは、

 

・無くなることがなく希少価値が高いこと

・当該用地の魅力が相当に高かったこと

 

この2つが特に大きいのでした。

 

 

 

 

私たちが考えているということは
ご利用になるお客様も同じ様に考えていらっしゃることでしょう。

 

 

FGIランドバンキングは土地が対象であり、
その場所に将来性があると感じたから
ご利用になることをお決めになったに違いありません。

関わる全ての人たちが
『本当に良かった』と思える日がきっとくることでしょう。

 

商品の特性上、“絶対に”とは言えませんが、
必ずや私たち投資家を喜ばせてくれることと思います。

 

 

引き続き、楽しみにお待ちいただければと思います。

Comments are currently closed.


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/